2012年9月26日水曜日

moe and ghosts.幽霊たち.レビュー

界のリズムと少しだけ隔絶してしまった思春期のあの気分は、たとえば夕陽の美しさに涙する安易な気分。に、とても似ていて、しかし大人になるとたったその数秒でしか世界と離れられないのは、こわい。たぶん、今後すばらしい芸術は福島から生まれることでしょう。世界とのいとおしいまでの断絶、それはこじらせてしまえばメンヘラ。とか痛いコ。とか中二病。とかそれ自体甘い甘い言葉でやっつけられてしまいます。でも、サリンジャーだってその部屋に未発表の作品が何千、ヘンリー・ダーガーを挙げるのは卑怯かもしれないけれど、いわんや宮澤賢治をや。近代になればなるほど、断絶の甘い効能は増してゆきます。

 とはいえ、世界とつながりたくもあるわたしは、おととい新大久保へ友人喜田原(仮名)と食事に行ってきました。
駅のホームに降り立った瞬間からただよってくる肉の焼けるにおい。
空腹だったことと、そして先週は極東全域がこのにおいの予感に満ちていたことが引き鉄となり、思わず陶然とよろめいて、「ああ、なんてこった、この街は年がら年中このにおいをまとっているのか。たっまんない。まさにalter war。人間と肉の代理戦争。いや、戦争はいつだって肉と肉との闘いで、それ以上だったことなど一度もないか。ふふふ。」などとtwitterでなくはっきり独り言としてつぶやいて、R・リー・アーメイ演じるハートマン一等軍曹に知られたらぶん殴られてサーイエッサー!と言わされるに決まっている妄想をとめることが出来ないでいました。

 つながりたい。アイワナビーウィズユー。官能的にせよ暴力的にせよプラトニックにせよ。ポルノや戦争映画を見るだけでは満足できないわたしたちは、つながれないさびしさや痛みを快感に変えることでなんとかバランスを保っている。でも、ときにはどうしようもない気持ちが暴走する。それがきっと死んだ後に幽霊となるんでしょう。


moe and ghosts 『幽霊たち』

紙ジャケ。歌詞カードなし。
「さよならだ、うつくしきひびよ」「生きること自体、腹八分におさめた・・・」「頭ががんがんいたいよおいたいよおいたいよお・・・」 こうしてリリックを羅列していくだけで、精神が、あのときのように剥き出しになっていくのをはっきり感じ、感じながらでもこれは間違いなくヒップホップ。それ以上でも以下でもなく勿論『勝訴ストリップ』ではない。◆言葉をあふれさせる少女の(と形容するしかない、しかし同時にはっきりもう少女ではない美しい)声は、リリックによってほとんどドラムのように強く胸をたたく。そこに重なる本当の打ち込みの低音。さらに重なる甘い感傷的な音のコラージュ。に、ミルフィーユをいちまいいちまい剥がしたりまたのっけたりしながら踊りくるう白いワンピースを想像する。

「革命は夜に訪れる」――幽霊たち、というタイトルにブレなく、とらえがたい言葉に、イヤホンをはずしても残るメロディの残響に、そしてなにより世界とつながろうかそれともやめようかという痛々しいほど透明な声に、ゆさぶられる。間違いなく今年最高のヒップホップの一枚。

moe and ghosts
幽霊たち

UNKNOWNMIX / HEADZ 167
定価 ¥2,100 [税抜き価格 ¥2,000]
2012年8月15日 [水] 発売

公式サイト

All lyrics by 萌
All tracks written, recorded & mixed by ユージーン・カイム
Except for track 09: traditional English song
Saxophone by 植野隆司(テニスコーツ)
Recorded by 安藤誠英
Mastered by 西村尚美/INNER SCIENCE
Design & photo: 近藤一弥




***

 新大久保で食べた美味しい焼肉の話は今度にとっておくこととして、友人喜田原の元気そうな顔。きれいに染められた髪。それだけで、世界はすばらしい。だいきらいな雨がだいすきな煙草を湿らせていても。たぶんわたしは幽霊になれまい。いやそもそも、twitterやFacebookに占領された世界で幽霊人口は少子高齢化の一途をたどるしかないであろう。そして靖国の亡霊、お岩さん、涙を流す市松人形、彼らがケータイをいじり始める日も遠くないであろう。きっと孫さんは歓迎してくれるぜ。ははは。味気ない世界最高。


BGM 
Eskmo - I Just Want(ダブステップはやっぱクール)
②moe and ghosts - GINGA(ヤバイ。椎名林檎を初めて聞いたときの気持ち)

2012年9月18日火曜日

ZAZEN BOYS.すとーりーず.レビュー

の1週間に起こったすべての香ばしい出来事に、盛大な拍手を。
新聞紙上も、インターネットも、わたくしごとも。世界が、身の回りが、一気に沸騰したおかげで気分は一分ごとに入れ替わるという、ジェットコースター。それが1週間続くなんて誰の復活祭をしているんだろうか我々は。(わたしよりずっと鮮やかに熱されたひとも多いようで何よりです)

 そのなかでも格別キマった出来事を、ここに書けないのは非常に残念なのですが(ただし、うまくキーパンチすればほとんど全てを把握することができるという当然かつ恐々たる事実。)、ひさびさに慈悲以外すべての感情がないまぜになり、手先がしびれ、品性はとうの彼方に失われ、ああ、サディストはこうやって生まれるのでしょうよ、エビング博士。同時にマゾヒストもね。と、スマフォごしに途方に暮れるなどという贅沢な現実体験をいたしました。ふー。忘れっぽくてよかった。あのままキマりつづけたら、もうEXILEも少女時代も聴けなくなっちゃう。ニルヴァーナしか入ってないi-Podなんてあたしイヤ!(i-Pod持っていないですが。)


 という、興奮しまくりの1週間をつないでいたのはZAZEN BOYSの新譜『すとーりーず』。うわー、イヤホンが皮膚の一部になるとこだったわっぶねー。といった声がすでに20000件ほど届いているのですけれど、わたしも全く同意です。


ZAZEN BOYS 『すとーりーず』  

LP版のジャケットは背景が黄色

感想はいらない。解説がほしい。どうしてこんなリズムが存在するのか。◆驚きしかない。とどのつまり、もしかして向井秀徳はエスパーだったりして。きてほしいところで絶対に入る音。◆34分26秒でひとつのダンスミュージックは永遠にきもちよくって、たぶん2062年の中学生が聴いてもあたらしい衝撃。そんときはポテトサラダっていう料理はなくなってるかもね。なんていうつまんない賛辞を言っている場合じゃない、まずはイヤホンを外す方法を考えないと。正確に鳴るすべての楽器。だけどエモーショナルな向井の声。天災も戦争寸前の白日もどうでもいいほどに放っておかれた純度の高い音楽の前でひとは等しく無力であります。


ZAZEN BOYS
すとーりーず

1. サイボーグのオバケ 2. ポテトサラダ 3. はあとぶれいく 4. 破裂音の朝 5. 電球
 6. 気がつけばミッドナイト
7. 暗黒屋 8. サンドペーパーざらざら 9. 泥沼 10. すとーりーず 11. 天狗
MSAL-015 / DQC-964 定価 ¥2,500(税込)
販売/BounDEE by SSNW


***

 書くことのできる香ばしい出来事、には、たとえばカメラマンの新保さんの発言「世の中には2種類の人間がいる。ミッシェルを見た人間と見たことがない人間だ」(うろ覚え)を発端とした軽い炎上とか(見た、を、撮ったに置き換えると、びっくりするほど"わたしたち"には関係のない穏やかな言葉になります。きっと彼にとって見ることと撮ることは同義なのでしょう。必要だったのは、配慮ではなく大衆とのストーリーの共有ですね。)、反日デモとか。今週末、新大久保にいくのですが、やっぱりチャイナタウンにしようかな。という気分であります。

(追記)
っかり忘れていたこと。
ZAZEN BOYSは川崎BAY CAMPの大トリで、それを間近に見てしまったわたしは、14時間も踊り狂った後だというのに、おしゃべりを2時間やめることができなかったのでした。
一緒に行った増子(仮名)は、眠かったろう・疲れていただろうにもかかわらず辛抱強くわたしの話(「さっぽろいっちばんみそら~めん♪はさあ、どこがだしてんの?日清?日清? え?わかんない? じゃあさ、あ~かいきつねとみどりのた~ぬき♪は? まるちゃん?」「渋谷のフレッシュネスで、男の子二人が話してたんだけどさ、ひとりがすっげえ重たい感じで、オレ、あいつのこと世界一愛してたのに。って言ってんのよ。まー、よくある別れ話でさ、結婚も考えて同棲までしてたのに、彼女が出会い系に登録してたと。それが彼氏、許せなかったと。でもさ、会話の半分がさ、あいつのこと世界一愛してたのに。って台詞なわけ(笑)。なんだよもう、未練がましいなあかわいいなあって思いながら、わたし、サルサバーガー食べてたんだけど、聞き役の男の子のほうはさ、KOOLかなんか吸いながら、へえ~・ふ~ん・はあ~の3つだけでかわしてんだ(笑)。ちゃんと聞いてやれよ(笑)。やっぱ女の子の恋バナとは違うんだよね、男の子は。で、おんなじ話を10回ぐらいリピートしてんの聞いてるうちに、金髪のバンギャっぽい女の子が隣でジンジャーエールぶちまけて(笑)、わたしの足びっちゃびちゃに甘くなっちゃった。でも、その男の子は騒ぎに見向きもしないで、愛してたのに~って言ってたよ(笑)」みたいな話)を聞きつづけ、あまつさえお金も貸してくれて(財布をスられてしまったので…。前回の記事参照)、やっぱり持つべきものは友人だなあ。と、ぶん殴られそうなことを考えていました。

 朝の工業地帯にまったく似合わないZAZEN BOYSは、CDよりもすてきなグルーブで新曲を披露し去っていきました。ほとんど誰も手を突き上げない、フェスの終わり。それぞれが好きなリズムを抽出して踊るために、まったくそろわない群衆。
MAN WITH A MISSIONとは正反対のひとかたまりが、暑い夏の終わりを感じていました。そして、すばらしい秋が来ることを、わたしはこっそりとうっとりと願っているのでした。

BGM
Britney Spears - Toxic(合法ドラッグというのはこういうのを言う。)
RIP SLYME - 熱帯夜(これも。PVも最高。)

2012年9月11日火曜日

川崎BAY CAMP.9月8日-9日.レポート①The Birthday/MO'SOME TONEBENDER

9月9日15:57、我が都市葛飾に帰還せり。鳴り止まぬリズムと疲労のために「地獄の季節」を読み返そうとして、気づいたら、よだれに添い寝をしてもらっていた18:07。このちょうど24時間前、わたしは神奈川県は川崎市、BAY CAMP@東扇島東公園でThe Birthdayの演奏があと3分で始まるのを前方10列目ほどで待ちわびているところでした。




The Birthday

[SET LIST]
1. Buddy
2. ROKA
3. SATURDAY NIGHT KILLER KISS
4. Riot Night Serenade
5. さよなら最終兵器
6. 涙がこぼれそう

目。というのは本来とても混沌としたものであることはご存知のことと思います。たとえば、マリッジブルー。たとえば、尖閣諸島。たとえば、大学時代。だから、ひとは年中行事できっちり境界線をつくりだし、混沌をなくそうと努めているのだと思うのですが、BAY CAMP開催地たる川崎市、東京と神奈川の県境にありまして、新宿は都庁の光も・横浜はマリンタワーの光も、微妙に届かない。つまりはケイオスが発生するにはちょうどいい土地であります。
そして、日が沈もうとする時間帯、この昼と夜の境目を東南アジア諸国のひとびとは丁寧にゆっくりと過ごすと聞いています。それもやはり混沌を避けるためでしょう。しかし、その知恵を失った、もしくは混沌に飢えた人間たちは、すっかり狂喜乱舞し、そう、The Birthdayの時間はダイバーが飛び交い、きりもみになり、痴漢が現れ、最後は財布がスられる。という笑、この夏いちばん忘れられない。または呆然とする混沌に満ち満ちた時間となりました。

けれども、[さよなら最終兵器]の大合唱。「どんなに汚れても、海は海だからねえ」というMC。ラスト[涙がこぼれそう]で、ギターの音が出なくなったフジイさんに、チバさんが自分のグレッチをかかげて弾くよう合図、向かい合った二人。笑いあいながら、一本のギターをはさんでアウトロを完成させる。というちょっと胸のつまるような場面、は、The Birthdayの純粋ないい気分を伝える最高のエピソードでありました。フジイさんご自身も、ライブ後twitterで、「バンドっていいなぁ」とつぶやくぐらいには最高。エモーショナルとはまさにこういうときに使う言葉ですなあ。ええ。本当にエモーショナルなライブでありました。

まあね、痴漢や財布をスられたのはね笑、なにかの吉兆でしょう。楽しみに待ちます。別にいいやということじゃありません、犯人が見つかれば(痴漢のほうは覚えてっかんな、バカヤロー水差しやがって。)Aphex Twinのジャケットの顔をしながらぶん殴って、東京湾の養分にしてやりたいと思います、ははは、けれどもわたしがやらなくてもきっとどこかで痛い目にあってくれるでしょう。


DANCE DANCE DANCE!!

MO'SOME TONEBENDER

[SET LIST]
1. TRIGGER HAPPY
2. LOST IN THE CITY
3. TIGER
4. SHINING
5. ロッキンルーラー
6. BIG-S

23時すぎ。いよいよ真夜中という時間になって、ああ、月だ。半月にやや足りない月がのぼってくる。あ、うっそ、今すっげえことに気づいちゃった、ねえ朝まであと7時間もあんじゃん、しかもこれからモーサムじゃん、うわあ、あたしモーサム初めて。どーしよ、[SHINING]やってくれるかなあー。ぜひ生であのイントロを聴きたいですなあー。っちゅーか、百々ほっそ!(サウンドチェック始まる)、しゃばい、本物だあ、感動だあ、ああー何考えてるんだろお(百々、藤田勇の機材トラブルに話し込むスタッフたちを遠くから棒立ちで眺め続ける。)、早く始まんないかなあ。(後ろの男子2人)「なあ、モーサムってギターふたりいんだけどさ、」「うん」「ひとりはもともとドラムなんだよ。」「へえー? 」「ある日、ドラムが前に出たくなってギターはじめたらしい笑」「んだよ、それ笑」(わたし、釣られ笑い)、と、これこの通り、まるで無防備なユルい気持ちで見始めたところ、あまりの熱と意味不明さにあてられてしまい、財布をスられたのとは別の方向から呆然とする。という素晴らしい体験をいたしました。

呆然。というのは、まずは素晴らしい演奏、[SHINING]がCD音源と同じキラキラ感でもって聴けて。いや、CDよりもいっそうキラキラしく・騒々しく・めっちゃくちゃ。ながらも、各人のソロはスーパークール。百々のムスタングの暴れっぷり・鳴きっぷりもたまりませんでしたが、武井さんのおっとこまえなベイスに絶叫。

だけども、その男前な武井さんがクリスマスのオーナメントよろしく発光している事実。については、興奮しまくる右脳がある一方、左脳では「なんかオカシイ・・・。」とサイレンが鳴り響いているのでありました。
そもそも、登場シーンからおかしく、武井さんがいないなあ。とステージを見ていたら、後方からキャーっという歓声(悲鳴)、振り返ると、白い作務衣に般若の面、「祭」と書かれた赤い巨大うちわ。という装備で武井さんが歩いていました。(ちょっと自分でも何書いているかわかんない)
ステージに上がった後も、電飾を身にまとい、ライトセーバーをぶん回し。というパフォーマンスを繰り広げ、その横で百々は普通にロックンロールをする。というそのコントラストなシュールさにとってもむねをうたれました。ありがとうございます。ちなみに武井さんはわたしの真横をとおったのでちょっと触ってしまいました。(あ、これが痴漢されたことの裏返しか?)

(終演後、先ほどの男子二人)「・・・・・・すごかったな。」「・・・・・・な。モーサム、どこ向かってんだろうな。」
他のバンドについては後日。(group inou/zazen/8秒/DJブース等)

BGM

Honky Tonk

2012年9月7日金曜日

ART-SCHOOL.BABY ACID BABY.レビュー

飾は、ようやく夏が終わろうとしています。
先週は、家の軒先で乾いた蝉が一匹、ひっくり返っていました。あら、と思ったとき聴いていたのはART-SCHOOLの新譜でした。


ART-SCHOOL 『BABY ACID BABY』

バンド崩壊の危機を経験した木下理樹の声。は、少年のような淑女のような・獣のような貴族のような・ロックンローラーのような演歌歌手のような。「あんた、いったい誰なの。」と恐怖すら印象づけながら「猿の胎児が飲んだコーク」などというひりっとした詞をやってくれるからたまらなく体が戦慄いてしまう。◆そのふるえを加速させる雄雄しいリズムはさすがの中尾憲太郎38歳&藤田勇。しょっぱな[BABY ACID BABY]のイントロでぶっ飛び次に意識を取り戻したとき、痺れながら何らかの液体を撒き散らしている自分を目撃することでしょう。◆それでも美しく、なんなら品がよくほのかな光すら感じさせるのは、あまりに鋭敏に研ぎ澄まされているから。ときにきらきらしい戸高のギターの絶叫。10代こそ聴くべき。こうして男は「大人」になるのよ。


ART-SCHOOL


BABY ACID BABY

2012/8/1発売
\2,835(税込)
Ki/oon Music Inc. KSCL-2096


 蝉は、一晩たって見てみたらいなくなっていました。
近所の野良猫がくわえていったのかしら。というわたしに、「いや、空へ戻ったんだよ。」という父の言葉はあんまりに老成したこどものようで思わず笑ってしまいました。



BGM

Crypt City-Escape(中尾憲太郎つながりで。)
wayne shorter quartet - masqualero(朝聴くとさいっこう)
Lane Del Rey - Video Games
Lana Del Rey - Blue Jeans
ラナ・デル・レイは間違いなく「アベンジャーズ」なんかを生み出した、内田樹先生いうところの「アメリカの病」の延長上に分かりやすく乗っかっている気がします。
アメリカの歌手が「アメリカ」を象徴してもマドンナにはなれない、レディーガガにも。と思ってしまうものの、彼女の曲はすばらしい。

2012年9月3日月曜日

赤い季節トークショー&ライブ.THE GOLDEN WET FINGERS@梅田クアトロ②.8月28日(火)

付けば、8月も終わってしまいました。
しかし、西瓜はまだまだほどよく熟れており、美味しくいただいては、残った種を綺麗にざるのなかで洗い、天日で乾かし、大きさ・形・厚みで細かく分類したあと、スマートフォンのケースに髑髏になるように整然とデコる。という内職をずっとずっとしております。
これが案外むずかしく、なぜなら、西瓜の種というのは扁平な形をしているようで実はゆるやかな丸みを帯びているので、なかなか安定しちゃあくれないのです。
ですから、きちっと思ったとおりに貼り付けるべく、種の背面を肥後守でうすーく削って水平にする、当然すべての種の厚みが均一になるように。さもなくば返品されてしまい、大量の種を草間彌生がごとく身にまとって、しくしく涙を流していると、あらあらその涙が種の発芽をうながして周り一面西瓜畑になってしまいました。

と、すっかり東京の暑気の残り香にやられ、ゲリラ豪雨にやられ、地方のライブの熱さをtwitterで又聞きし歯噛みし、といった今日でありますが、そんな連戦連敗のわたくしも、たった5日前は天下の台所・大坂に降り立ち、チバユウスケ・中村達也・イマイアキノブという奇跡の編成・THE GOLDEN WET FINGERSを目の前に興奮していたのでありました。

そんなGWFのレポートはこちら。「赤い季節トークショー&ライブ.THE GOLDEN WET FINGERS@梅田クアトロ①.8月28日(火)

ソロ音源についてはこちら。「SNAKE ON THE BEACH.DEAR ROCKERS.レビュー」


チバユウスケ、ソロ。
あの声と打ち込みドラムの親和性の高さ!



くつになっても可愛らしいちわきまゆみさんを司会に据えて、梅田クラブクアトロの決して大きくないステージ上、監督・能野哲彦氏(キャスケットが似合う、ただちょっと手持ち無沙汰のような。笑)を中心に、向かって左に出演者の新居延遼明くん、右に村上淳さんという配置でもってトークショー、スタート。

といっても、そこまでが随分長く、われわれ観客は映画「赤い季節」の特別映像なるものを左右二つのスクリーンにてしばらく凝視していました。
いや、正しくは、映像に重なるチバユウスケのソロ楽曲に、エクスクラメーションマークがえんえんわきでていた、と言ったほうがいいでしょう、驚き、歓喜し、陶酔し、「まるでこれは、マドンナがやったって。BECKがやったって。いやPerfumeがやったって。」と狼狽しつつ、最終的にあの薄い胸に大量のチップを押し込みたくなる、そんな気分で口をあけて(しまらなかった)、かつて彼がThee Michelle Gun Elephantというロックバンドをやっていたことを、別の宇宙の話のように思わざるを得ませんでした。

特に打ち込まれたドラムと彼の相性のよさに呆然。既に2011年3月号の「音楽と人」で、ソロ楽曲はドラムが打ち込みということは明らかになっていましたが、やはり驚き、かっこいいことにもう一回驚き。
爪がこーんなに長くてカラフルでキティちゃんとかくっついててキミたちそれでパンツとか穿けるわけ?といった風情のギャルが店番してるショップでしばしばドンツードンツー派手な低音が流れてきますが、そこで今回の曲かけても全然いけんじゃん?! むしろ洒落乙!! というぐらい、いや渋谷109でチバユウスケの声が聴けたら、その日が本当に日本にパンクが定着した日となりますね。

もちろん、ピアノをぽーんと鳴らすような"切なげないつものチバユウスケ"っぽい楽曲も何曲か聴こえてきました。
しかし、ロマンチックな要素の排除された、実験的な楽曲の面白さが際立って胸に響き踊りまくりたくなる衝動が。アルバム、10月10日発売ということで大変楽しみであります。



ークショーについては、映画の深い話よりも、スニーカーの素敵な俳優・村上淳さんの小粋で洒脱な話術に翻弄されっぱなし、さすが大阪出身。
途中、中村達也氏がちわきさんに呼び込まれた際の掛け合いなんかはまるで芸人、あの、質問なんですが、オオサカの方ってみんな自然とああなっていくものなんでしょうか?笑 東京生まれ東京育ち(それどころかワタクシ寅さんの台詞をそのまま言えます。)にとって、あの流れるようなテンドンは、異文化そのものでありました。

映画の話題で強調されていたのは、「赤い季節」が初出演となった新居延遼明くんの美しさについて。
北海道出身、19歳。という酒と煙草を思わず取り落としそうになるプロフィルを持っている上に、ステージ上、なかなか客席を見ることもできず、やや上ずった声で話す痩せた男の子。そりゃあ、悪いオトナたちの琴線に触れてしまうよね、やだなあもう、応援したくなっちゃうなあ。とたぶん会場にいた一定年齢以上の方が思ったはずです。

あとは、出演者のひとり・風吹ジュンさんがきれいできれいで・・・昔はお世話になりましたよねえ・・・・・・という、ちょっとエロっぽい話にふれると「もうっ男子は~」となるちわきまゆみさん、たまんねえぜ。
能野監督も、村上淳さん演じる殺し屋が、風吹ジュンさん演じる女性を「ほんっとひっどいやつだなあ!(ちわきさん談)」というくらいゴリゴリに傷めつけるシーンを、「いや・・・あれは唯一のラブシーンのつもりで撮ったんだけどね」とおっしゃってましたから、男子諸君は期待していいのではないでしょうか。


ということで2回に分けましたが、「赤い季節トークショー&ライブ@梅田クラブクアトロ」については以上ということにいたします。
トークショー部分の記憶が曖昧で(すっかりチバソロに惑わされていた頭で観ていたので)申し訳ありません。
能野さんと同じ時代を生き、同じ映画を観てきたような人なら楽しめそうな映画だなと感じましたよ。



BGM
Sun Ra Arkestra live at Montreux 1976(土星人の頭がオカしいのではなく、とっくに地球人の脳みそがとっくに乾いているだけ。)
Space Is The Place [Sun Ra Film 1974]("お"のつかないほうのカルト。まったく意味がわからなくて気持ちいい)
③伊集院光 深夜の馬鹿力 2007年6月11日