2013年3月28日木曜日

2013-14 Fall Winter コレクション.まとめ

3月3回目

2013-14 Fall Winter コレクション.BGMまとめ(随時更新)




Moschino/モスキーノ
〈ショーのすべてを英国に捧ぐ〉


BGM
①Oasis - Wonderwall
②The Verve - Bitter Sweet Symphony
③Blur - Girls and Boys
④バグパイプによるスコットランド民謡


 

Prada/プラダ
〈可憐なホラーショー〉


BGM
①不明
②Visage - Fade To Grey
③Gabriel Yared - Des Orages Pour La Nuit
④Blaine L. Reininger - El Mensajero Divino
②Visage - Fade To Grey
⑤Yazoo - winter kills(Electronic Periodic's Sub/Piano Mix)
⑥Visage - Whispers


***



Alexander MaQueen/アレキサンダー・マックイーン
〈母の胎内の神秘性〉


レタポルテ=既製服のショーであることを忘れてしまうような緻密で贅沢な手仕事と、城の奥深くで秘匿されて育った皇女のような雰囲気は、周りの世界とまったく隔絶し、ただただ美しい完璧な5分間を創り出しました。発表されたすべてにため息をついて見とれてしまう。しかし、その至福のときはあっという間に終わりを迎えてしまいます。

30‐40着程度を見せるのが平均的であるパリコレクションにおいて、今回アレキサンダー・マックイーンのショーがたった10着と、非常にコンパクトであったのはなぜか。アメリカ版ヴォーグに理由が興味深い考察と共に載っていたので見てみましょう。

(前略)マックイーンはデザイナーのサラ・バートンが妊娠しているため、豪華絢爛なショーを避け、10着だけの短いショーをおこなうことを選択した。セリーヌのデザイナー、フィービー・フィロも、昨年、バートンとまったく同じ理由でフルのショーを取りやめている。このように、二人の女性が自分の意志で物事を決定したという事実は、彼女達がどんなに重要であるか、素晴らしいか、巨大な権限を持っているかを示している。それぞれのブランドでバートンとフィロが非常に重要である理由は、彼女達が休みを取ることを選べたことからもわかるだろう。マックイーンとセリーヌが巨大なグローバル企業で居続けるためには、結局のところ、世界の情勢に敏感で創造的なタイプ、具体的に言えば、特に女性が、機械の心臓部としてその存在を必要とされているということだ。(後略・以上筆者による意訳)

 ちなみに、日本版ヴォーグのレポートでは、バートンの産休のことについては触れているものの、それ以上のことは書いてありません。やはり、フェミニズム発祥/発症の地アメリカだからこそ、このような些細な出来事からも男女平等の匂いを嗅ぎ取るのでしょうか。


 ショーの内容に戻りましょう。今回は、16世紀の英国"処女王"エリザベス1世と、1900年代初頭に一世を風靡したロシアのバレエ団"バレエ・リュス"がモチーフとなっているようです。
 エリザベス1世は、覚えている方も多いと思いますが、その美しい襞付き襟〈ラフ〉と赤毛のかつらが印象深い肖像で世界史のテキストに載っているイギリスの女王です。彼女は、結婚することなくその生涯を終えたために――たくさんの映画や演劇となっていまでも語り継がれるほど――神秘性と同時にアンビバレンスさを感じさせる魅力的な人物でした。サラ・バートンは、この女王が身につけていた細かな刺繍のドレスと大きなラフに着想を得て、遠目には細かな水玉模様かと思うほど精緻な真珠の刺繍をすべてのデザインにほどこしています。
 真珠はドレスだけでなく、足やデコルテといった部分、さらには伸びたラフが格子状に覆う頭部までを飾っています。そして、漆黒を下地としたミニマルなドレスを経て、後半登場する、純白を羽毛で覆ったドレスの豪奢さは、まさにバレエ・リュスに始まって脈々と現代まで受け継がれるチュチュの女王版。といったおもむきで、この『白鳥の湖』はさぞかし飛ぶのが大変だろう、自分の宝石の重みで…いや女王は自分で飛ぶ必要など無いのだ、だって女王なのだから。とその運命の儚さと共に圧倒的な存在感を放ってやみません。


 BGMは詳細不明ですが、鉦の音に深い四つ打ちが重なってテクノ的でありつつエキゾチック。という、まるで宗教音楽を聴いているような気分になります。ショー全体の荘厳な雰囲気や、会場であるパリ・オペラコミック劇場の美しいバロック様式の内装を考えれば、もうこれしかないという自然な選択だったのでしょうが、このBGMを含め、すべての要素がすばらしい調和をみせ、これから出産というイニシエーションにむかうサラ・バートンの胎内の息吹、霊妙さをわれわれ観客に伝えています。(柿中 薫)

(参考)
日本版ヴォーグのレポート By Jessica Bumpus
http://www.vogue.co.jp/collection/brand/Alexander-McQueen/13aw-rtw/report
アメリカ版ヴォーグのレポート By Mark Holgate
http://www.vogue.com/fashion-week/fall-2013-rtw/alexander-mcqueen/review/


0 件のコメント:

コメントを投稿